メインイメージ画像

転職と資格

免許や資格を取ってみることから転活を始めるのが、不動産業界へ転職するのに良いのではないでしょうか。宅建・FPといった資格のことです。勉強していくことで、行きたいと思う不動産業界に知り合いができ、業界の事情も分かりますでしょう。そして、転職すべきなのか今のまま仕事を続けるか判断をするのも遅くないでしょう。そして、不動産は他と比べてもクレームなどのトラブルも多くあり、残業が多い会社も珍しくありません。

そういう部分も吟味したうえで転職した方が良いか決めていくことをお勧めいたします。

一般的に、転職が決定すれば退社の進め方を実施する必要が生まれます。肝要なのは、その時期でしょう。勤務先との雇用契約が交わされている以上は、勤め先へ不利益を加えるような退社は、もちろん規約違反です。それを思い時期を考えることは、たいへん必須です。

一例を挙げると、勤務場所の忙しい時期に退社を実施する。また、自身の離職後の人手の登用が終了する前に、退社するとされる事は、警戒すると、いいでしょう。けれども、それを気負いすぎて、会社の不当な引き伸ばしの求めにあわないように気をつけてください。